しがない趣味のブログ

趣味に関すること(カメラとミニ四駆とAKBを中心に)書いていきます。

リンク先は自己責任で。
基本的にブログは過去の出来事と現在の出来事がごっちゃになってます。
なので画像の日付とかもめちゃくちゃです

今日の紹介はこれ!
DSCN0273
















ソニー フィッシュアイコンバーター VCL-ECF1!
12000円で手に入るフィッシュアイレンズ!

とはいえ、これだけではボディにつかない事はコンバーターの文字をみればわかりますよね。

DSCN0274
















まぁこれを用意しまして。

この16mmのレンズに

DSCN0275

















合体させるわけです。スーパーロボット世代には嬉しい(?)仕掛け。

というか、コンバーター付けた方がカッコいい&フード付きってどうゆうことよソニーはん。

この子は2月10日に注文したらその後14日に身内に不幸があり、17日に到着した間の悪いレンズ。

しかしこの値段でフィッシュアイ買えるなら良いですよ。
16mmが21420円で、コンバーターが12590円(ともにキタムラネット価格)ですから、34000円くらいでフィッシュアイが手に入る&パンケーキも手に入るお得感。
35000位でレンズキットを買った私にしたらボディ含めて47000円で遊べるわけですから、良い買い物です。

あと、写真撮り忘れましたが、立派なケースも付いてきます。
ケースだけで3000円くらいしそうなのが。

DSC00811















左の屋根に、盛大にパープルフリンジ出てますが、どうでしょう。
16mm単体よりよく写ってそうな雰囲気。

DSC00891















これも紫さん出てます。
そういえばこの雷門の下でこれってなんなんですかね?

DSC01249















接写もできるんだぜと息巻いてみたものの、ピント合ってなくないかい。
うまくやると、結構接写できます。

DSC01011































縦で。
いろんな撮り方ができて楽しい。
他のフィッシュアイレンズと違って、広角とフィッシュアイを持ち歩くときにかさばらないのが嬉しい。
他のフィッシュアイレンズ一本以下の大きさで広角とフィッシュアイが持ち歩ける。
今までよりレンズの選択肢が増えるし、軽いしで万歳。

16mm持ってるなら買うべき!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2013年
6月18日追記

追記といってもケースの話ですが。

DSCN0276
















これがケースです。
マカロンみたいな形をしております。

DSCN0277
















中はフェルト?みたいな感じです。
モフモフとレンズを保護してくれそうです。

DSCN0278
















コンバーターのサイズにピッタリ。
ワイドコンバーターも同じもの?

以上、追記でした。

メーカーサイトはこちら。

コシナのフォクトレンダー ULTRON 28mm F2 です。
広角ー!!!!!

プラナーと同時に頼んで、手に入ったのは2011年の11月13日。
実に二か月も待つことに。
そのため期待値だけがとても上がっていく結果に。

DSCN0267
















前玉は意外と小さい。



DSCN0268
















先端にはフードが標準装備。
小さいけど。


DSCN0269
















フード外すとこんな感じ。
標準のフードはなぜかダサく見える。
ソニーといい、コシナといい…

しかし、この画角・開放F値でこのサイズは凄いなぁと思うくらいにはコンパクト。
よくできたレンズです。(sかし、レンズ汚れてるな)

DSC01796















光をきちんと受け入れてくれるレンズ。


DSC01819















その場を写すスナップにはもってこい。


DSC01839
































質感や影も素晴らしい。



DSC02241















葉っぱについた水滴もちゃんと写せます

DSC02244















撮っていて楽しくなる。そんなレンズ。



広角がこのサイズで使えるなら文句は言えません。
ライカと比べたら安いですしね!

ライカでスナップする人は是非使っていただきたいレンズです。

メーカーサイトはこちら。

標準の中の標準出てこいやっ
ということでZeiss Planar T* 2.0/50 ZMです。
DSCN0261
















綺麗な前玉。今まで紹介してきたレンズと比べて大きいですね。


DSCN0262
















指数は青色。
ライカとの最大の違いかもしれません。


DSCN0263
















フードはやっぱり別売りです。



DSCN0264





















なぜか横になる。

買って一年しないあいだにフードが曲がってしみました。


このレンズはこのフードあってのカッコよさ。

2011年10月24日に購入。オリンパスの45mmよりも早く、ソニーのマクロと同じ時に注文しました。
一か月半待ち。
レンズが62500円。フードが7875円。
高いよフード。
まぁライカより安いか。

DSC01191































写りは素直で癖のない感じ






img933














飽きないスッキリさがあると思う。



PC211109
















F2で夜のイルミネーションっもある程度なら大丈夫。


DSC01209
































ポートレートにオススメ





img155














多少暗くても平気(ISO1600のフィルムにて)


本当に万能なレンズだと思います。
どんな撮影でも素晴らしい成果をあげてくれる。
そんな安心感がこのレンズにはあります。

メーカーサイトはこちら。

ソニーEマウント唯一の(?)
マクロレンズであるSEL30M35。
私が初めて発売日に購入したレンズ。
実際には発売日の前日には手に入る状態だったのに、メール見逃してしまったレンズ。

DSCN0258
















大きく見えますが、先端の黒い部分はフードです。
あと、本体が薄すぎなのです。
なので、レンズはマクリレンズにしては小さいです。

DSCN0259
















フードは不思議な形。
マクロだと、前玉が当たらないこういった形が良いのでしょうが……
いかにせんダサイ。
このフードの利点は、レンズ全面の保護はもちろん、フードの中にも外にもフィルターがつけられることです。
使わない私にはあまり意味のない利点。

DSCN0260
















フードを外してみたところ。
真ん中の小さい〇がレンズです。
図体のわりにレンズが小さいのか、レンズのわりに図体が大きいのか。



DSC00305















写りに関して言えば、やっとNEXで使えるレンズが出てきたと思えたレンズ。
この写真はブレてますけどね。

DSC00313















30mmという画角はスナップで使いやすい。



DSC00331















影は忠実に写す。変に潰れたりしない。

DSC00350















ボケも綺麗かと。




DSC00352































モノクロでも、質感はきちんと表現されているかな




DSC00854















F3.5と少し暗いが、なんとか夜でも?



DSC00871































遠景も近景もきちんと写ります。




DSC00959















浅草行ったらやりましょう。


DSC01048















肝心なものにピント合わず



DSC00671















この手が好きです。



DSC00347















光加減も忠実に。




総合的に見て、このレンズはスナップでもポートレートでも、マクロ域でも良い仕事をしてくれます。
買って損はない!そういえるレンズです。

メーカーサイトはこちら。

先日から画像とその直後のコメントの間に無駄な空白ができております。

随時調整中です。

↑このページのトップヘ